甘い香りの花が咲く!ブッドレアを育てるポイント8つ

甘い香りの花が咲く!ブッドレアを育てるポイント8つ


ブッドレアは落葉低木で約100種があり、アジア、南北アメリカ、アフリカに分布します。数品種が花木として栽培されていますが、もっともよく親しまれているのは中国原産のダヴィディー種です。園芸でブッドレアというと、本種とその園芸品種を指すことが多いです。日本にもフジウツギとウラジロフジウツギが自生しています。
ブッドレアの花は甘い香りを放ち、チョウが蜜を吸いに集まるため、英名では「バタフライブッシュ」と呼ばれています。

ブッドレアは成長が非常に早く、日当たりと水はけのよい場所であれば、旺盛に生育し、よく開花します。藤色を基本に、白や紫などの花色があり、ほかに葉に斑が入るもの、小型のものなど、数多くの園芸品種があります。落葉樹ですが暖地では半常緑になります。

花が美しく、甘い香りがし、初夏から秋まで開花し続け、長い期間楽しめます。病害虫もほとんどつかない為、育てやすく花木の入門種として適しています。そんなブッドレアの育て方を紹介していきます。



 

甘い香りの花が咲く!!ブッドレアを育てるポイント8つ

 

科名:フジウツギ(ゴマノハグサ)科
属名:フジウツギ属
学名:Buddleja
別名:フサフジウツギ バタフライブッシュ
原産地:中国

 

日当たりの良い場所で育ててください。

・一年を通して日当たりの良い場所で育ててください。

・開花させるためには、日光が必要です。

・夏の暑さに若干弱いところがありますが、枯れる事はありません。気になるようでしたら、よしずなどで遮光してください。

・過湿が苦手なので、水はけの良い土と風通しを良くしてください。

 

寒さに強く、冬越しできます。

・冬には落葉しますが、暖地では常緑で冬を越します。

・寒さには強く、霜に当たっても枯れはしません。

 

表面の土が乾いたら、水をやってください。

・やや乾燥した土を好みます。

・庭植えにしているものは、一度根付いてしまえば降雨だけでよく、特に水を与える必要はありません。

・夏場など、極端に乾燥する時期は様子を見て、水をやってください。

 

肥料はほとんど必要ありません。

・植え付ける時に、あらかじめ土に肥料を混ぜ込んでおいてください。

・リン酸成分の多く含む骨粉などが適しています。

・早く大きくしたい場合は3月に緩効性の化成肥料などをやってください。

・冬は肥料を必要としません。

【スポンサーリンク】

害虫はコウモリガ、アブラムシがつきます。

・コウモリガの幼虫がつくことがあり、幹の内部に潜り込み、木を枯らしてしまうことがります。

・薬剤での駆除が難しく、樹木の根元が雑草が生えていると被害を受けやすくなるので、雑草を取ってきれいにして予防してください。

・アブラムシは育成や風通しが悪いと発生し、新芽や茎、蕾に付きます。見つけ次第、殺虫剤で駆除してください。

・病気はほとんどありません。

 

鉢植えは根詰まりしてきたら、植え替えしてください。

・植え替えの目安は1年~2年です。

・一回り大きな鉢へ、根を傷めないように植え替えしてください。

・庭植えは植え替えの必要はありません。また、根が細いので移植には向いていません。

・土は水はけが良く、肥料保ちが良ければ特に選びません。

 

挿し木で増やすことができます。

・挿し木の適期は6月~7月です。

・若い枝の先端を10cm程切り取り、土に挿します。

・半日陰で育てると、半月ぐらいで根が出てきます。

・過湿になると根腐れを起こすので、水はけの良い土を使ってください。

 

剪定、花がら摘みをしてください。

・適期は落葉している時で、2月~3月です。

・良く育ちすぐに茂ってくるので、全体の枝を短く切り戻してください。多少、多めに切っても、育成が旺盛なので暖かくなるとすぐに伸びてきます。

・剪定することにより風通しが良くなり、蒸れによる枯れやアブラムシの予防になります。

・細い枝に花がつくと花の重さで枝が折れることがあるので細い枝も切ってください。

・花が終わった後は、花がらを摘んでください。そのままにしておくと、種に栄養が回ってしまいます。

 

いかがでしたか?
ブッドレアは綺麗な花に甘い芳香があり、風にのって良い香りを運んでくれます。その香りに誘われて、蝶がよってくるのでお庭が華やかになりますよ。開花時期も長く、寒さ暑さに強く育てやすいのでビギナーにおすすめな花木の一つです!

 

まとめ

甘い香りの花が咲く!ブッドレアを育てるポイント8つ

・日当たりの良い場所で育ててください。
・寒さに強く、冬越しできます。
・表面の土が乾いたら、水をやってください。
・肥料はほとんど必要ありません。
・害虫はコウモリガ、アブラムシがつきます。
・鉢植えは根詰まりしてきたら、植え替えしてください。
・挿し木で増やすことができます。
・剪定、花がら摘みをしてください。