切り花でおなじみのお花!オーニソガラムを育てるポイント8つ

切り花でおなじみのお花!オーニソガラムを育てるポイント8つ


オーニソガラムはヨーロッパ地中海沿岸~西アジア、アフリカに約150種類が分布する、ユリ科の球根植物です。日本には明治時代の末期に渡来しました。
英名のスター・オブ・ベツレヘムはキリスト誕生の夜に光り輝いたといわれているベツレヘムの星にたとえられています。和名のオオアマナは花がアマナに似ていて、アマナより大きいのでつけられました。

オーニソガラムの仲間は、耐寒性のあるヨーロッパ地中海沿岸原産のものと、半耐寒性の南アフリカ原産のものに分けられています。白いオーニソガラムは耐寒性があり、オレンジのオーニソガラムは寒さに少し弱いです。
オーニソガラムは秋に球根を植えて、春に開花し、夏には地上部は枯れて休眠します。
草丈は10cm~30cmほどで、4月~6月に星型で3cm程の小さい花をたくさん咲かせます。花色は白、オレンジ、黄色があります。葉っぱは細長く線形の物が多く、球根から直接伸ばします。

切り花やフラワーアレンジメントで見かけることが多いですが、育成がさほど難しくないので、鉢植えや花壇に植えて楽しむこともできます。そんなオーニソガラムの育て方を紹介していきます。
続きを読む・・・

冬も葉っぱが枯れずに楽しめる!アシュガを育てるポイント8つ

冬も葉っぱが枯れずに楽しめる!アシュガを育てるポイント8つ


アジュガはシソ科の草花でアジアの温帯から熱帯にかけて約40種類が分布しており、日本には8種の仲間が自生しています。日本のジュウニヒトエと同じ仲間ですが、一般にアジュガと呼ばれているのはこの西洋キランソウのことです。

這うようにどんどん広がっていくのでグラインドカバーに最適な植物です。建物の陰でも比較的よく育つので、ビルの下の植え込みとしても使われています。
毎年初夏に花を咲かせ花色は青紫、白、ピンクなどがあり、葉っぱも品種改良がなされ、斑入りや紅紫色、バーガンディー・グロやレインボーなど数多くの品種があります。冬には葉っぱは枯れずに残る為、プランター植え、カラーリーフとして、冬の寄せ植えに大活躍です。

また、アジュガはビューグルという名前のハーブとして知られており、古くは血止めや鎮痛剤の薬として使われてきました。

花が長期間咲き続けるので、ガーデニング初心者でも育てやすい花です。そんなアシュガの育て方を紹介していきます。
続きを読む・・・

寄せ植えが映える!オレアリアを育てるポイント8つ

寄せ植えが映える!オレアリアを育てるポイント8つ


オレアリアはキク科の草丈25~60cmの常緑低木で、オーストラリアに130種、ニュージーランドに25種、ほか太平洋中部から南部の島々に分布を広げ、全部で180種ほどあります。そのほとんどが、オーストラリア南西部の乾燥地帯に分布しています。

日本に園芸用として入ってきているのは、そのうちの数種のみです。オレアリア・リトルスモーキーがよく目にする品種です。

葉も枝もシルバーの軟毛で覆われていて、成葉になるとそれは消えて緑色になります。春や秋に小さな黄色の花を咲かせますが、鑑賞価値のあるものではないです。

耐寒性があり、独特の色合いのシルバーが冬の庭を飾ってくれます。美しい色合いが冬にあった姿形なので、寄植えやハンギングバスケット、花壇の縁取りなどで楽しめます。
そんなシルバーが映えるオレアリアの育て方を紹介していきます。
続きを読む・・・

切り花が人気の洋蘭の一種!エピデンドラムを育てるポイント8つ

切り花が人気の洋蘭の一種!エピデンドラムを育てるポイント8つ


エピデンドラムは、中央アメリカ~南アメリカに約700種が分布する蘭で、カトレアとは近縁にあたります。自生地では樹木や岩の上に根を張り付かせて生育する、日光の大好きな着生蘭で、1~数mにも伸びる細長い茎をもち、その頂部に半ボール状に小輪花を多数つけます。
エピデンドラムのエピは上、デンドラムは樹を表し、樹上という意味をあらわします。

日本で一般的に流通しているエピデンドラムは、そのなかでもリードステムエピデンドラムというタイプの交配種になり、茎を短く改良し、鉢物としても楽しめる大きさにされたものです。

もともとの色彩はオレンジ色が主流ですが、品種改良が進むにつれ、赤、黄色、ピンク、白などの色彩もふえ、現在では色とりどりのボール状に咲く花を楽しむことができます。長い時には三カ月以上の花が咲き続け楽しませてくれます。葉は肉厚があり、多肉植物を思わせる姿形です。

切花が人気で流通も多く、アレンジメントや生け花でよく利用されています。
そんな開花期間が長く、切り花としても楽しめる、エピデンドラムの育て方を紹介していきます。
続きを読む・・・

楽しみ方がいっぱい!アリッサムを育てるポイント8つ

楽しみ方がいっぱい!アリッサムを育てるポイント8つ


アリッサムは草丈が高くならず、横に地面を這うようにカーペット状に広がっていく植物で、地中海沿岸が原産地です。
英名のスイート・アリッサムという呼び名でもよく知られています。しかし、アリッサムと呼ばれますが、アリッサム(Alyssum)属とは別属です。

2~6月頃に白や赤、紫色、オレンジ色の小さな花をたくさん咲かせ、甘い香りを放ちます。プランター、吊り鉢、バスケットと器を選ばず、ベランダや窓辺の装飾にもよく似合います。

また、寄せ植えの場合、個性の強い花同士でも間にアリッサムを挟めば、うまく合わせることができます。本来は多年草ですが、高温多湿に弱く、日本では一年草として扱われています。
そんな、色々な楽しみ方ができるアリッサムの育て方を紹介していきます。
続きを読む・・・