花も葉も楽しめるハーブ!!クリーピングタイムを育てるポイント8つ

花も葉も楽しめるハーブ!!クリーピングタイムの育て方ポイント8つ

クリーピングタイムは30種類以上あるタイムの仲間です。もともと、アフリカやユーラシアの乾燥した草原生まれの植物です。似た仲間が沢山あり、中でもタイムが香辛料として有名ですね。レモンタイム、ゴールデンタイムなどがあり、どれも白から淡い紫色の花をつけます。
日本にも同じ仲間イブキジャコウソウが、山に分布しています。

特徴
葉や茎が地面を這う形で広がります。5~9月ころに、小さい花が咲きます。
花が咲くころ、茎や葉を刈り取って、料理に使うと、さわやかな香りを楽しめますよ。
ハーブティーにしてもいいですね。タイムの精油は、歯磨き粉、うがい薬、
石けんの香料にもなっています。
これから苗で植えるときの育て方のポイントを8つ紹介しましょう。

続きを読む・・・

丸い玉のような葉っぱが可愛らしい!!グリーンネックレスを育てるポイント8つ

丸い玉のような葉っぱが可愛らしい!!グリーンネックレスを育てるポイント8つ

グリーンネックレスは南アフリカの草原が原産地のキク科の多年草です。グリーンネックレスの名前の由来は、葉っぱが丸い玉のような葉っぱがネックレスのような形をしていることからきています。また、属名のセネキオは白や灰色の毛が生えていることから、ラテン語の老人を意味する「セネクス」からきていると言われています。

丸い数珠状の葉っぱが可愛らしいので、観葉植物や寄せ植えなどの材料としても人気のある植物です。 続きを読む・・・

花と同じぐらいに華やか!コリウスを育てるポイント8つ

花と同じぐらいに華やか!コリウスを育てるポイント8つ


コリウスは熱帯から亜熱帯原産に分布するシソ科の植物です。初夏~秋にかけてが見ごろで、赤、黄色、緑色など葉っぱの色が美しいカラーリーフで、花壇やグランドカバー、寄せ植えとしてもよく楽しまれています。コリウスの由来は、ラテン語の鞘からきています。

冬の寒さに弱く一年草として扱われています。しかし、育成が旺盛なので、5月~6月に苗を入手して育てると、秋には十分鑑賞するまでに育ってくれます。

葉っぱの色が豊富なので、コリウスだけの寄せ植えにしても華やかです。そんな、コリウスの育て方を紹介していきます。
続きを読む・・・

甘い香りで花色が豊富!キンギョソウを育てるポイント8つ

甘い香りで花色が豊富!キンギョソウを育てるポイント8つ


キンギョソウは南ヨーロッパから北アフリカにかけて自生する草花で、咲いた花の姿形が金魚のように見えるためこの名前がついています。英語ではスナップドラゴンと呼ばれ、これは竜のアゴを意味しています。花屋さんや生産者は略して「スナップ」と呼んばれています。

本数を多く植えて楽しむ花で、白、黄、ピンク、赤などの色があり、背丈も20cm~100cmのものまであります。プランター、庭植え、鉢植えなど色々な楽しみ方ができます。

見た目は繊細ですが、丈夫な性質でよく育ち、年間を通して花が楽しめる四季咲き性の品種も多く、春と秋に咲く丈夫で育てやすい花です。そんなキンギョソウの育て方を紹介していきます。
続きを読む・・・

小さなお庭でも育てられる!ガマズミを育てるポイント8つ

小さなお庭でも育てられる!ガマズミを育てるポイント8つ


ガマズミは大多数が日本、朝鮮半島、中国など北半球に分布する落葉性の樹木で、日本のでは16種が自生しており、山野でごく普通に見かけることができます。
日本原産種やその園芸品種がほとんどなので、どの種類も比較的容易に育てることができます。

名前の由来ははっきりしませんが、ガマズミのガマはこの種の中国名キョウメイからカメ→カマ→ガマと変化していき、ズミは果実が染料として用いられ、「染め」がなまって「ズミ」からきたのだと言われています。

ガマズミの仲間は、花、果実、紅葉ともに美しく、小さな庭でも育てやすい小型の花木です。また、盆栽としても楽しまれています。
そんなガマズミの育て方を紹介してきます。
続きを読む・・・