あなたのお気に入りはありましたか?オキザリスを育てるポイント8つ

あなたのお気に入りはありましたか?オキザリスを育てるポイント8つ


オキザリスはカタバミの仲間で世界に800~850種類以上が分布する植物です。園芸植物として利用されるの20種ほどで、南アメリカまたは南アフリカ原産の種が多いです。
世界中の色々な地域に分布しているだけに、地域によって様々な形態や性質をとり、開花期、草姿、花色、ロゼット状のものから低木状のもの、地中に球根をもつもの、多肉植物に近いものなど、形状はさまざまです。
開花期や耐寒性、植えつけ時なども品種によりさまざまですが、初心者でも育てやすい品種も多く存在します。
日本にもクローバーとよく間違われるカタバミをはじめ、5種ほどが自生し、7種ほどの外来種が帰化植物となっています。
名前は葉や茎に酸味があるので、ギリシャ語の「すっぱい」を意味する「オクシス」に由来しています。

花を咲かせて枯れてしまう一年草と、毎年花を咲かせる多年草があります。 球根を作るものや、低木になる種も知られていますが、球根を作るものが一般的です。
花は筒状の愛らしい小花で、先端が数枚の花びらに分かれています。温度や光に敏感なので、蕾は日光が当たっている時は開きますが、天気が悪い日や夜は閉じています。
四季咲きタイプ、夏期休眠して秋~冬に開花するタイプ、冬期休眠して春~夏に咲くタイプに分けられます。
葉はクローバーのような3枚葉のものが多いのですが、4枚葉のものもあります。

寄せ植えには向かないので単体で植え、群生させて咲かせると可愛らしい印象になります。
花も葉っぱも色々な種類があるので、愛好家が多いです。オキザリスだけで1年のほとんどを咲かせることができます。そんなオキザリスの育て方を紹介してきます。



 

あなたのお気に入りはありましたか?オキザリスを育てるポイント8つ

 

科名:カタバミ科
属名:カタバミ属
学名:Oxallis
別名:オクサリス
原産地:全世界
開花期:四季咲きタイプ、夏期休眠秋~冬開花タイプ、冬期休眠春~夏開花タイプ

 

日光を好むので、日当たりの良い場所で育ててください。

・日当たりが悪いと花が咲きにくくなったり、徒長してしまいます。

・夏場の直射日光は強過ぎて弱ってしまうので、明るい半日陰に移動させるか遮光をしてください。

・日光に敏感で晴れて日が当たると花が開き、曇りの日は花が閉じてしまいます。

 

品種によって耐寒性が違います。

・南アフリカ原産種は寒さに弱く、耐寒温度は5℃以上です。

・寒さに弱い品種は霜に当たると枯れてしまうので、ベランダや室内の日当たりの良い場所で育ててください。鉢植えにすると管理しやすいです。

・耐寒性のある品種は花壇植えにして冬越しできます。

 

表面の土が乾いたら、たっぷり水をやってください。

・乾燥には強い方です。

・水のやり過ぎにより過湿に気を付けてください。

・休眠期に水を必要とする品種があるので、地上部が枯れていても水はやってください。

 

肥料はあまり必要としません。

・植え付ける時に、緩効性肥料を用土に混ぜ込んでおいてください。

・追肥は生育期に液肥を2~2週間に1回やってください。

・生育期に追肥すると花つきが良くなります。

【スポンサーリンク】

病気はさび病、害虫はアブラムシ、ハダニがつきます。

・さび病は葉に黄色や赤色のサビのようなものが付きます。

・サブロール乳剤などを散布してください。土にもしみこませると効果的です。

・過湿になると発生しやすいので、風通しを良くして予防してください。

・アブラムシやハダニは見つけ次第、殺虫剤を散布して駆除してください。

 

休眠期に球根の掘り上げを行ってください。

・2~3年が目安です。

・花壇植えは植え替えしなくても育ちます。

・鉢植えは窮屈になってきたら植え替えてください。

・掘り上げた球根は植えつけ時まで、風通しの良い日陰で保管してください。

・春植えは10頃に休眠。夏~秋植えは5月頃に休眠します。

 

分球で増やすことができます。

・花壇植えは自然に分球して、勝手に増えていきます。

・保存しておいた球根を品種(春植え・夏~秋植え)の時期に合わせて植えつけてください。

 

特に手入れをする必要はありません。

・植えっぱなしでもよく育ちます。

・品種ごとに違うので、成長期、休眠期に合わせた管理をすることが上手に育てるポイントです。

 

いかがでしたか?
オキザリスは花も葉っぱも種類が多く、好みの種類が見つかるので愛好家が多いです。ひとつお気に入りが見つかると、他のものも可愛く見え育てたくなり、どんどんと増えていきます。そんなオキザリスの虜にあなたもなってみませんか?

 

まとめ

あなたのお気に入りはありましたか?オキザリスを育てるポイント8つ

・日光を好むので、日当たりの良い場所で育ててください。
・品種によって耐寒性が違います。
・表面の土が乾いたら、たっぷり水をやってください。
・肥料はあまり必要としません。
・病気はさび病、害虫はアブラムシ、ハダニがつきます。
・休眠期に球根の掘り上げを行ってください。
・分球で増やすことができます。
・特に手入れをする必要はありません。