噂のトロピカルフルーツ!ぺピーノを育てるポイント8つ

噂のトロピカルフルーツ!ぺピーノを育てるポイント8つ


ペピーノはアンデス地方原産のナス科の植物です。ナスやトマトの仲間で、育つ姿はナス、好む環境や性質はトマトに似ています。特にニュージーランドでよく栽培され一般的な果物で、洋ナシとメロンを合わせたような味がします。

名前はスペイン語で甘いキュウリ(ペピーノ・ドゥルセ)から来ています。
日本へは1980年ごろにはいってきました。

日本ではまだあまり知られていませんが、徐々にフルーツのように食べられる新顔の野菜として、徐々に人気が出てきました。
そんなぺピーノの育て方を紹介していきます。



 

噂のトロピカルフルーツ!!ぺピーノを育てるポイント8つ

 

科名:ナス科
属名:ナス属
学名:Solanum muricatum
別名: Melon pear
原産地:南アメリカ(アンデス地方)
開花期:4月~7月 10月~11月
特徴:アンデスの高地原産のため、涼しい環境では旺盛に育ちますが、高温と低温に弱い性質をもっているので、一年草として扱われる場合があります。

しかし、高温と低温に気を付ければ、もともと丈夫な性質なので育ちやすいです。生育適温は18~24℃で、成長が早く背丈は1mほどにすぐに育ちます。

花は4月~7月に開花し、夏の暑い時期は一度花が咲かなくなり、また涼しくなった10月~11月に開花します。実は夏と秋に収穫でき、金色に熟したら食べごろです。

 

日当たりの良い場所で育ててください。

・日当たりを好みますが、夏の暑さに弱いため、27℃以上になると生育が鈍り、花も咲かなくなります。

・夏場は半日陰の場所に置くか、50%の遮光をしてください。

・出来る限り涼しく、風通しの良い場所で育てることが、夏越しができるポイントです。

 

耐寒性が弱く、寒さが苦手です。

・耐寒温度は5℃以上です。

・冬越しには10℃以上を保てれば安心です。

・室内の出来るだけ明るい場所で育ててください。

・窓辺は夜間にガラス越しの冷気で冷え込むので、夜間は窓辺から放してください。

 

表面の土が乾いたら、たっぷり水をやってください。

・葉っぱがしおれかけてきたかな、というタイミングでちょうど良いぐらいです。

・実の生り始めは乾燥に注意してください。

・実が大きくなると、今度は糖度をあげる為に乾燥気味にしてください。

・冬は乾燥気味に、表面の土が乾いて2~3日経ってから水をやってください。

 

窒素分控えめの肥料をやってください。

・4月~9月に2ヶ月に1回、骨粉入りの発酵済油粕をやってください。

・リン酸分が多めが良いです。

【スポンサーリンク】

害虫はアブラムシ、ハダニがつきます。

・アブラムシが発生したら、殺虫剤で駆除してください。

・ハダニに弱いため、水やりの時に葉水をして予防してください。

・ハダニが発生したら、殺虫剤で駆除してください。

・病気は特に心配ありません。

 

根詰まりしてきたら、植え替えてください。

・鉢やプランター植えにしている場合は、根詰まりしてきたら植え替えてください。

・適期は生育期の春か秋です。暑さ寒さに弱いので、夏と冬は避けてください。

・庭植えの場合は植え替えの必要はありません。

挿し木、増やすことができます。

・挿し木の適期は4月~5月、9月~10月です。

・枝を5cm切り取って、用土に挿してください。

・乾かないように日陰で育てると、1か月ほどで発根します。

・種まきで増やした場合は、株の育成が鈍く実が付きにくいようです。

 

人工授粉、わき芽摘み、切り戻しを行ってください。

・両性花で自家結実しますが、人工授粉を行った方が実がつきやすくなります。

・毛筆などで花を軽く撫でて受粉させてください。

・わき芽を摘んで、主になる枝を1~3本になるようにしてください。

・わき芽を摘むと、よく開花、結実します。

・冬越しの前に切り戻しをしてください。

・株が2分の1になるように切り戻します。

 

いかがでしたか?
ぺピーノは果実が黄色く色づいてきたら収穫時期です。

2~3日熟させて黄金色になり少し柔らかくなると食べごろです。糖度が低ければ、サラダとして食べることができますよ!

Exif_JPEG_PICTURE

 

まとめ

噂のトロピカルフルーツ!ぺピーノを育てるポイント8つ

・日当たりの良い場所で育ててください。
・耐寒性が弱く、寒さが苦手です。
・表面の土が乾いたら、たっぷり水をやってください。
・窒素分控えめの肥料をやってください。
・害虫はアブラムシ、ハダニがつきます。
・根詰まりしてきたら、植え替えてください。
・挿し木、増やすことができます。
・人工授粉、わき芽摘み、切り戻しを行ってください。