花が咲いている期間が長い!クフェアを育てるポイント8つ

花が咲いている期間が長い!クフェアを育てるポイント8つ


クフェアはメキシコを中心にアメリカ大陸に約250種が分布するミソハギ科の低木または草花もしくは低木です。日本には明治~大正に数十種類が渡来し、和名はメキシコハナヤナギ、別名はクサミソハギ(草禊萩)と呼ばれています。
属名のクフェアはギリシア語のkyphosキフォス(曲がる)に由来しており、この萼が微妙に曲がっていることによるためといわれています。

花や草姿は種によって様々ですが、日本では夏に開花するものが多く、低めの生け垣や小型の鉢物、花壇植えなどで楽しまれています
1~2年草、多年草、小低木など多くの種類があり、筒状の花が特徴で、花びらのように見えるのは実際は萼です。

葉や花も小さいので、色々な草花と組み合わせで楽しむことができます。そんなクフェアの育て方を紹介してきます。
続きを読む・・・