繁栄と幸福の象徴!ツルニチニチソウを育てるポイント8つ

繁栄と幸福の象徴!ツルニチニチソウを育てるポイント8つ


ツルニチニチソウは南ヨーロッパから北アフリカにかけて分布する常緑のつる性植物で、非常に丈夫で乾燥に強いためグランドカバーによく使われています。
属名の「ビンカ」はラテン語のしばる・巻きつけるからきており、つる性で曲がりやすく、このつるで花を作っていた事に由来しています。

ヨーロッパでは常緑で冬も枯れないことから、不死のシンボルとして身に付けると繁栄と幸福をもたらしてうれるという言い伝えが古くからあります。そのため、別名に「大地のよろこび」、「魔女のすみれ」などと呼ばれています。

春~初夏にかけて青紫の美しい花が咲き、涼しげでとても綺麗で、葉色の美しい斑入りの品種もあります。そんなツルニチニチソウの育て方を紹介していきます。
続きを読む・・・