星型の花がかわいい!ツルハナナスの育て方ポイント8つ

星型の花がかわいい!ツルハナナスの育て方ポイント8つ


ツルハナナスは南米ブラジル原産とされ、明治時代に観賞用に渡来したとされる外来種と言われています。ツル性低木で園芸店などにもよく置かれている、夏にやや小形の白や紫色の花を咲かせる清涼感溢れるナス目ナス科ナス属の半耐寒性蔓性常緑低木です。歩いているとお家のフェンスやアーチや垣根などに絡まって咲いているのを見かける事があります。

つる性なので「ツル」、ナスの仲間で花が綺麗なので「ハナナス」です。 Solanumは、ラテン語のsolamen「安静」に由来、本属に鎮痛作用を持つ植物があることから。jasminoides は「ジャスミンのような」という意味をもちます。
また、ナス属によく見られるトゲはありません。

園芸店でヤマホロシの名で流通することがありますがこの名前は間違いで、「ハナナス(花茄子)」の名では「野菜の茄子」と混同される恐れがあることを避けたかったの為、よく似ている「ヤマホロシ」の名前を使ったものと思われます。
ヤマホロシ(山保呂之)は日本原産の山野草の名前で、濃い紫の花を咲かせる植物です。

花は星形の花形をしており、花色は時間の経過とともに、薄紫から白に変化し、園芸店では綺麗な斑入りの葉をもつものを置いている場合があります。
花言葉は真実、そんな可愛らしい花を咲かせるツルハナナスの育て方を紹介していきます。
続きを読む・・・