ぽんぽんと黄色い花が咲く!メランポジウムを育てるポイント8つ

ぽんぽんと黄色い花が咲く!メランポジウムを育てるポイント8つ


メランポジウムはキク科の一年草の植物で、メキシコから中央アメリカを中心に80種ほどが分布しています。このうち栽培されているのは、メキシコを中心に分布するディバリカツム種の1種のみです。日本では肥料分の少ない土地でもよく育ち、春に種まきをして育て、高温多湿に強く夏にも花が咲く草花として人気があります。

こんもりとした草姿で、背丈は15cm~20cmであまり高くはなりません。開花期間がとても長く5月~10月で、花径約3~4cmの可愛らしい黄色い花を休みなく咲かせます。
花がらを摘まなくても、いつの間にか花がらが目立たなくなっていることがあり、これをセルフクリーニングと呼びます。開花後、茎葉が伸び上がり、終わった花を隠してくれる、手間のかからない植物です。

とても丈夫で育てやすく花期が長い事もあって、花壇やプランター以外にも公園などに植えられているのを見かけます。そんなメランポジウムの育て方を紹介していきます。
続きを読む・・・