夏の花壇には欠かせない!トレニアを元気に育てる7つの心得

夏の花壇には欠かせない!トレニアを元気に育てる7つの心得

丈が低くお花畑のように広がり、色合いも可愛いトレニア。公園などで見かけるとつい写真に撮りたくなってしまいますよね。

一生懸命育ててようやく何日かお花をつけてくれる植物もやりがいがあって楽しいですが、今回ご紹介するトレニアは数ヶ月もの長い間お花を楽しませてくれます。来夏のガーデニングにいかがでしょう。



 

夏の花壇には欠かせない!トレニアを元気に育てる7つの心得

 

科名: アゼトウガラシ科

属名: ツルウリクサ属(トレニア属)

学名: Torenia

別名: ナツスミレ・ハナウリグサ・ムラサキミゾホウズキ

原産地: アジア・アフリカ

開花期:4〜11月

 

 1 夏の日差しにも安心!

半日陰や日差しがあるところに向いているお花です。あまりに日差しが強い地域の場合は木の葉の影になるところなどに植えてあげると良いでしょう。

気温が高温でも耐えてくれますので、夏の暑さや日差しの心配はあまりしなくても大丈夫です。

気温よりも、風通しや乾燥に気を遣ってあげてくださいね。背の高い植物や木の下に植えると、見栄えがするだけでなく蒸れも防ぐことができます。

 

2 水はけの良い土が好き

やや湿り気がありつつ水はけの良い土を好みます。植えたい場所の水はけが悪いと感じたなら、植え付け前に堆肥や腐葉土を混ぜ込んで慣らしておくと良いです。

鉢植えで楽しむ場合には、赤玉土と腐葉土を7 : 3で混ぜ込んで使用しましょう。花と野菜用の用土を使用するのが手軽でしょう。

 

3 水やりの仕方

暑さに強いトレニア。乾燥にも強いと思われがちですが、実は水切れに弱い植物なので注意しましょう。株元が乾いていると思ったら、たっぷりのお水をあげてください。

特に、プランターや鉢に植えたものは乾燥しやすいので毎日注意して見てあげるようにしましょう。また、西日が当たると乾燥しやすいとも言われていますので夕方は特に注意。

日が出ているうちは目一杯お日さまを浴びさせて、夕方になって日が落ちたら水をあげるのが良いでしょう。

【スポンサーリンク】

4 肥料のやりかた

トレニアは秋頃までずっと花をつけてくれます。1シーズン以上ノンストップで猛ダッシュしてくれる代わりに、スタミナの源としての肥料が必要です。

土にはあらかじめ粒状でゆっくり効くタイプの肥料を混ぜ込んでおきましょう。更に2週間に1度は液体肥料をあげましょう。チッ素分が多すぎるものは花のつきが悪くなる原因となりますので控えてくださいね。

 

5 アブラムシに気をつけて…

暑さにも病気にも強く、初心者の方でも挑戦しやすい夏の観葉植物ですがアブラムシの被害に遭うことがあります。初期の段階では葉っぱの裏などに隠れているとわかりづらく、アブラムシも小さく緑色なので厄介です。元気がないなあと思ったら、葉の裏などを確認してみましょう。

様々な駆除用品がありますが、迷ってわからなくなったときにはとりあえず日光を反射するCDやアルミホイルを置いてみましょう。アブラムシは光るものが大嫌いなので、とりあえずの一手間におすすめです。

 

6 苗の植え付け方

トレニアの多くの種類は一年草ですので増えません。春から初夏に苗を購入しておきましょう。植え付けの際には、土にゆっくり効くタイプの肥料をあらかじめ混ぜ込んでおくのを忘れずに。

鉢に植え付ける場合は5号の鉢に3株、プランターや花壇に植えるなら10〜15cm間隔で植えてください。お花も増え、葉や茎も伸びますので少し寂しいくらいでOKです。

 

7 切り戻しをするともう一度咲く!?

トレニアを植えるなら、切り戻しをすることをおすすめします。難しそうですが、苦手意識を持つ必要はありません。

花が咲き終わった部分や草姿が乱れてきた部分を切りそろえてあげるだけで、また新しい芽が出て花が咲きます。

風通しが悪くなって株が蒸れてしまうのも防ぐことができるので、10cm以上になったらぜひこまめに切り戻しをしてあげてくださいね。

 

いかがでしたか?

以上、夏の花壇には欠かせない!トレニアを元気に育てる7つの心得でした。

夏らしく涼しげでいて上品なトレニアが数株お庭にあるだけで、とても穏やかな気持ちになれます。

水やりや切り戻しなど手間がかかる部分も少しありますので、愛着がわきやすい植物だともいえます。かと言って面倒なほどではないのが嬉しいですよね。ガーデニングをはじめるきっかけ、花壇の穴埋めにいかがでしょう。

 

まとめ 

夏の花壇には欠かせない!トレニアを元気に育てる7つの心得

1 夏の日差しにも安心!
2 水はけの良い土が好き
3 水やりの仕方
4 肥料のやりかた
5 アブラムシに気をつけて…
6 苗の植え付け方
7 切り戻しをするともう一度咲く!?